PDA

View Full Version : A Song For XX (Hamasaki Ayumi)



onikunai
07-03-2008, 12:54 PM
http://www.animelyrics.com/jpop/hamasaki/asongforxx.htm

there is a missing verse in the romaji for this song. the edited transliteration with the missing verse added in (bolded) and one mistake corrected (underlined):

doushite naiteiru no
doushite mayotteru no
doushite tachitomaru no
nee oshiete
itsu kara otona ni naru
itsu made kodomo de ii no
doko kara hashittekite
nee doko made hashiru no

ibasho ga nakatta mitsukaranakatta
mirai ni ha kitai dekiru no ka wakarazu ni

itsu mo tsuyoi ko ne tte iwaretsudzuketeta
nakanaide erai ne tte homeraretari shiteita yo
sonna kotoba hitotsu mo nozondenakatta
dakara wakaranai FURI wo shiteita

doushite waratteru no
doushite soba ni iru no
doushite hanareteku no
nee oshiete
itsu kara tsuyoku natta
itsu kara yowasai kanjita
itsu made matte ireba
wakariaeru hi ga kuru

mou hi ga noboru ne sorosoro ikanakya
itsu made mo onaji tokoro ni ha irarenai

hito wo shinjiru koto tte itsuka uragirare
hanetsukerareru koto to onaji to omotteita yo
ano koro sonna chikara doko ni mo nakatta
kitto ironna koto shirisugiteta

itsu mo tsuyoi ko ne tte iwaretsudzuketeta
nakanaide erai ne tte homeraretari shiteita yo
sonna fuu ni mawari ga ieba iu hodo ni
warau koto sae kutsuu ni natteta

hitorikiri de umarete hitorikiri de ikiteyuku
kitto sonna mainichi ga atarimae to omotteta


translation of missing chorus (please don't replace the translation credits because i didn't translate the whole song) :

People kept telling me I'm strong
Praising me for, admirably, not crying
The more everyone around me talked in that way
Even things that made me smile became painful


official kanji:

どうして泣いているの
どうして迷ってるの
どうして立ち止まるの
ねえ教えて
いつから大人になる
いつまで子供でいいの
どこから走ってきて
ねえどこまで走るの

居場所がなかった 見つからなかった
未来には期待出来るのか分からずに

いつも強い子だねって言われ続けない
泣かないで偉いねって褒められたりしていたよ
そんな言葉ひとつも望んでなかった
だから解らないフリをしていた

どうして笑ってるの
どうしてそばにいるの
どうして離れてくの
ねえ教えて
いつから強くなった
いつから弱さ感じた
いつまで待っていれば
解り合える日が来る

もう陽が昇るね そろそろ行かなきゃ
いつまでも同じ所には いられない

人を信じる事って いつか裏切られ
はねつけられる事と同じと思っていたよ
あの頃そんな力どこにもなかった
きっと 色んなこと知り過ぎてた

いつも強い子だねって言われ続けない
泣かないで偉いねって褒められたりしていたよ
そんな風に周りが言えば言う程に
笑うことさえ苦痛になってた

一人きりで生まれて 一人きりで生きて行く
きっとそんな毎日が当たり前と思ってた